評価プロセス・評価基準

看護学教育評価のプロセス

評価基準

分野別評価の基準は、機関別評価では必ずしも審査されない看護学教育に特化した評価基準とし、看護学の教育課程とその展開にあたって必要な点に絞って評価します。

  • 1

    教育理念・教育目標に基づく
    看護学教育課程(カリキュラム)の枠組み

  • 2

    看護学教育課程における
    教育・学習活動

  • 3

    看護学教育課程の評価と改革

  • 4

    看護学教育課程への入学者選抜

受審校の要件

  • 1.機構の会員であり、年会費を納入していること。なお、2回目以降の受審では、その間も会費納入を継続していること。
  • 2.学部・学科等設置後完成年次を迎え、卒業生を輩出しており、完成年次の文部科学省の設置計画履行状況等調査を終了していること。
  • 3.機関別認証評価を受審し、適合と認証されていること。

※受審校の決定に際しては、会員歴の長い大学を優先する。